<< 大学受験 予備校講師列伝 笹井厚志先生 現代文 知の現場 | main | おすすめの大学受験参考書Α ̄冓庫 〇蓋 英文法講義の実況中継 >>

大学受験 予備校講師列伝 松本真一先生 ことば/構造の対応?

 

前回(予備校講師列伝 笹井厚志先生 現代文 知の現場)に続いて代ゼミの国語の先生のレビューです。


今回は「センター国語」の現代文で1学期に受講していた《松本真一》先生です。
先に書いておきますが、今日はすぐに終わってしまうかもしれません笑



松本先生の講義はタイトル通り「ことば/構造の対応」を重視して解きます。
11?くらいの公式があるらしく、1学期では3つか4つくらいしか出てこなかったんですけど、内容的にあまり惹かれなかったので1学期でやめてしまいました。

確か古文は木山先生だったと思います。


講義内容的にはこの言葉があったらイコール(言い換え)でとかそういう感じです


まあ、講座自体がおそらく国立志望の理系受験生のためのものだったと思うので(間違えとってしまいました)、理系の人には向いているかもしれません。
でも文系で元々ある程度は国語ができる生徒向きではないと思うんですよね。


言い方が難しいんですけど国語って曖昧な論理だと思うので、こういうふうにほぼ細部の分析のみに落とし込むことはできないと思うわけです。
で、国語が元々できる文系の生徒は曖昧な論理に自然と親しんでいるわけで…。

細部の分析を否定はしないですけど、あくまでも内容理解(文章読解)ができた上での分析だと思うので、細部の分析ばかり強調する先生には個人的にうさんくささを感じてしまいます。


それに公式?の一つ目だったと思いますけど(この辺はうろ覚えです)、それが「評論の読み方」ってのはどうかと…。
初回に講義するならともかく、もったいぶってやっと教えてくれたかと思うと「筆者の主張に注目」とか「思う・である」とかでは…。


すごい勢いでしかも大声でしゃべりまくる授業は印象に残っていますが、自分は合わなかったんで1学期でやめてしまいました。
ただ、あくまでも自分が合わなかったというだけなのでセンターだけならこの解法で解けるかもしれませんし、国語の成績が伸びたという方もいると思いますので、参考程度と考えてください。

 

 

 

JUGEMテーマ:大学受験

 

 

 

 

 




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
今日の一言
国立二次試験まで泣いても笑ってももうわずか。 最後まで悔いなく全力を尽くして頑張ってください!!
ブックマーク
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    AtoZ (08/26)
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    みう (06/06)
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM